投稿

スマホ用顕微鏡

イメージ
  ■これは使えます。今まで、顕微鏡内の写真がとれずに、イライラしていました。記録として残しておきたいな、今、うまくいっているから、これを子どもたちに見せたいなーと思ってもできずに涙を飲んでいました。  しかしです。デジカメでも撮れるのですね。試しにやってみたら、意外ととれました。ただ、それに要する時間といったら、・・・・。どうしても手ブレが入ってしまい、ボケてしまうのですね。それで、かなり時間を要します。ビデオ撮影のほうがうまくいきます。しかし、これまた角度調整が大変で、画面の一部しか映らなかったりですね。 ■そんな時、この顕微鏡を知りました。  以下の顕微鏡だと、スマホがあってもなくても見られるし、スマホがあれば撮影ができます。これは便利です。約1万円ですが、もっといいものもあるようです。ぜひ、使ってみてください。1つあると便利だなーと思いました。ちなみに、自腹です!! SOLOMARK 単眼実体顕微鏡 LED光源付 立体顕微鏡 40X-640X倍率 学生 子供 初心者学習用 16Xレンズデジタルスマートフォンアダプター付き  

ザ・「小判」(お主も悪のよ~!)

イメージ
 ■鯛生金山で購入したのは、時代劇でよく出てくる「袖の下」たる、小判の形をした入浴剤でした。  よく、悪代官が述べますよね。 「お主も悪のよー!」  歴史の授業で使いたいものです。

栃の実

イメージ
  ■これは、栃の木にできた実です。国語科3年の物語教材に「モチモチの木」というのがありますが、この木こそが栃の木です。それにできるのが、栃の実です。  豆太とじさまの取り組みがとても楽しい物語ですよね。  ぜひ、本物を国語科でも見せていきたいものですね。

太陽光線を身近に!

イメージ
  ■これは車内のシートに写った、太陽光線です。虹色に「赤橙黄緑青藍紫」とよく呪文のように唱えますが、その一部が写っているのが見えますよね。  赤橙の部分と青藍紫の部分でしょうか。  こんなのに、気づく子どもたちに育てたいものですね。車のガラスがプリズムの役目を果たしていますね。 ■先日は、自転車の車輪についていた反射鏡でできていましたので、紹介します。

鹿の角

イメージ
■子どもが鹿の角を持ってきてくれました。山に落ちていたというのです。「光の田園だより」という熊日の連載記事によると、毎年、生え替わるために落ちるのだそうです。頭部の骨がついている時は、猟師が放置していったのだろうということでした。  いや、そんなことがあるのですね、勉強になりました。 ■私は、道の駅などで、この鹿の角の先端5cm位をキーホルダーにして売ってあるのをいくつか、購入したことがありました。 ■この鹿の角で何を授業するのか、それは、耕作放棄地や限界集落の授業でしょうか。鳥獣が山里まで降りてきている、人がいなくなっているという過疎化の問題です。  理科の生態系としてもいいですがね。

自由研究に使える雑誌&付録

イメージ
■いよいよ待望?の夏休みとなりますね。もちろん、いつもとは違って、自治体によって、休みの幅は違いますよね。それはさておき、理科の宿題、自由研究に使える雑誌を紹介します。  次の2冊です。ビーパルとダイムの8月号です。特に、前者は自由研究の例が抱負です。後者は付録が顕微鏡でして、スマホにつけて90倍まで見ることができるのがポイントです。花粉を見ることはできないと思いますが、おしべのやくはきれいに見ることが可能です。立体表示もできると思います。ただし、ライト用に、600円以上のボタン電池が必要です。

サンゴ発見

イメージ
■天草の海岸を歩いていたら、上のようなサンゴの白化したものを見つけました。海岸でサンゴとはびっくりでした。もう今から30年位前だったでしょうか、牛深にサンゴの群生が見つかる、つまり、温暖化が進んでいるというようなニュースを見たことがありました。  その下の写真は、何らかの骨でしょうかね。こんなのも見つけたことでした。 ■海岸あるきは楽し!! もっぱら若い頃は漂着物に興味があったのですが、退職前の理科専科となっては、やはり上のようなものに目が行き始めたことでした。