投稿

4月, 2012の投稿を表示しています

タイの新聞

イメージ
■これは、タイの一新聞です。私が外国で一番に購入するモノ、それは通貨と新聞とコーラです。それで、このタイ語の新聞、ね、すごいでしょう、文字が。日本人の私からすると、象形文字というか、岩絵みたいに見えてきます。もちろん、タイの人からすると、日本語が岩絵に見えるのでしょうがね。

■何が書かれているか、全くわかりませんが、どちらから書いてあるかとか、そんなことはわかりますよね。「所変われば品変わる」を子どもたちに実感させたいと思います。

椰子の実の砂糖?

イメージ
■これは、椰子の実から作られた砂糖です。サトウキビから作られた黒糖に似ておりますが、椰子の実の花が咲く頃に、蜜をとり、それを煮出して、このようにするのだとか。タイに行った際、実演販売されておりました。「所変われば品変わる」ですね。
 おいしかったです。少々癖はありましたがね。

ザ・香辛料!

イメージ
■これはタイで購入した香辛料です。日本でも入手可能でしょうが、要は、現物と粉にしたモノ、両方が見られるという点です。こんなのがなかなか少ないですよね。
■インドなどの学習では、もってこいではないでしょうかね。ターメリックがカレーの大元であって、熱い国だから、香辛料たっぷりのカレーを食べて汗を出して、気化熱を放出して、体温を下げるということです。

シラス漁!

イメージ
■これは、坪井川と井芹川の合流地点付近に設置されているシラス漁の道具類です。一昨晩の10時前、我が家に到着しかかった頃、シラスウナギの漁に出合いました! 天明から漁にこられているとのことでした。ちょうど、満潮から干潮へ切り替わる頃でして、「今、終了したところ」ということでした。
 本来は、3月いっぱいで漁は終わりなのですが、新聞であるよう、ウナギの不漁で、県にお願いして、4月中旬までやっているとのことでした。ここいらは、私が小さい頃、当時から船が一艘おいてあり、エビや白魚漁がなされておりました。小学生に上がる頃の話です。
 収穫は何と、たったの6匹ということでした!! やっぱりそれだけ不漁という裏付けなのでしょうかね。

タイ語のコカコーラ!

イメージ
■ついに夢にまで?見た、タイ語のコーラをゲットです。今まで、中国・サウディ・韓国・日本のコーラを持っていたのですが、それなりに、言語解読ができました。なぜなら、「コ」「カ」「コ」「-」「ラ」という文字が判読しやすいからです。例えば、「コ」が2回くることから、右読みか左読みかがわかります。また、日本語のローマ字書きみたいに、「行」と「段」の組み合わせであるとか(ハングル)、漢文であるとかです。

■今回のタイのコカコーラ、これは20バーツ、日本円にして60円しないくらいです。ね、安いでしょう。水のペットボトルはまだ安いですよ。20円しないくらいですから。
 これって、「コーラ」なんでしょうか。ここまで聞いてくるのを忘れておりました! またの機会に!!