投稿

7月, 2010の投稿を表示しています

幕末月旦札

イメージ
■こんなカード、初めて知りました。日本郵趣サービス社より入手しました。やり方は、説明を見る限りでは、ポーカーに似ているようです。 ■幕末の人物像が描かれており、役割ごとに収集していって、1ペア、3カード、4カード、5カード等と勝負を競うようです。明治時代等々の学習には、もってこいかもしれません。でも、これって、幕末の人物に詳しくないと、ゲームができません! ■月旦とは、各月の一日をいうのだそうで、「月旦評」というと、人物の批評、品定めをいうのだそうです。中国の故事に由来するようです。

ご当地フォルムカード

イメージ
■今回は、「ご当地フォルムカード」というのを紹介します。左の画像は、上が昨年、下が今年発行された、熊本県の絵はがきとなります。ご当地限定です。上は知る人ぞ知る、「辛子蓮根」です。下は、築城400年でわいた熊本城です。 ■こんなのが全国47都道府県で発売されております。全て入手したいところですが、これが残念ながら入手できません。ヤフーのオークションで出品されておりますが、値がはります。元は、180円で120円切手をはれば、投函できます。こちらも値がはりますが、日本郵趣サービス社で購入できますが、今月は10枚程のみです。12月まで5カ月にわたって販売されるのですが、こちらも待ち遠しいという感じになります。 ■何に使うか、都道府県別のフラッシュカードにしたいと思ったのでしが、何と、青森と長野は同じリンゴ、これではカードとして使えません。また、その他にもこれって、現地の人しか知らないのではというものもあるし、所詮、形が不揃いで、なかなか定型的にするのは難しいようなので、断念したことでした。 ■でも、自分の県くらい、持っていて損はしないと思いますよ!

最新記念切手

イメージ
■久しぶりに切手を郵便局で購入しました。80円切手10枚組と5枚組、50円切手10枚組です。それぞれ、 1)FIFA(ワールドカップ出場記念?) 2)APEC(アジア太平洋経済協力の2010年横浜開催) 3)国土緑化(神奈川) ■FIFA、APECって、何の略?という問題もおもしろいでしょう。サッカーボールは浮きでている切手です。いずれも目を奪われるようなきれいな切手に仕上がっているようです。 ■7月は文月、ぜひこの切手をはって、暑中見舞いを書きたいものです。