投稿

4月, 2018の投稿を表示しています

マルメロから加世以多へ

イメージ
■この花、何だかわかりますか。

 何と、マルメロの花です。ミカンの一種、梨の一種として考えていいのでしょうか。

 肥後は細川藩の幕府献上品の一つとして「加世以多」(かせいた)と言われる、羊羹のような干菓子です。戦前までは、走潟で栽培されていたそうですが、現在、その復元として、公民館に栽培されております。

 また、成長したら、実を取材したいと思っているところです。

地層見学会(海岸)

イメージ
■熊本県博物館ネットワークによる、地層見学会に参加してきました。

 場所は、宇土市の網田海岸です。あの、夕日に映える、三日月状の砂浜で有名な箇所です。

「宇土半島の地層を観察しよう」というテーマでした。

 網田海岸公園と言うところに集合して、ここから海岸におり、岩場を観察していきました。

 礫岩、砂岩、泥岩の紹介、そして、タービダイトという海底扇状地の紹介を受けました。

 そして、場所を移しては、化石発見です。

 宇土マリーナに移動して、地層の不整合見学(赤崎層と姫浦層の時間差、3500万年)、その後、海岸におり、化石発見タイムでした。

 私もウニの化石と、アンモナイトらしき化石を発見したことでした。

 楽しい半日研修会でした。

メダカ各種

イメージ
昨年から、個体数がどんどんと減っていっているのを
確認しておりました。

 命あるものはいつかは滅びる、当然の原則でしょうが、
そこで、メダカの挿入となるわけです。

 昨年来、我が家の前の小川(溝?)に黒メダカがいるのを
補給しておりましたが、今年はなぜか、まだ見ていません。

 そこで、道の駅です。

 いました、いました。しかも、

赤メダカに青メダカ、各種様々でした。

 黒メダカとヒメダカしか知らない身にとっては、超
びっくりでした。

 8匹1000円で購入してきたことでした。

 うまく、卵を産み付けてくれると有り難いのですがね。

スズメバチの巣

イメージ
何と、とある研修会場を散歩していたら、そこに巨大な巣が落ちているではありませんか。まじか!!と思ったことでした。

 まるで、私を待ってくれていたかのような遭遇に唖然!!

 早速、車に積んでいる新聞紙とビニール袋で保管して、持ち帰ったことでした。

 そして、ミニ博物館に飾ったことでした。

 子どもたちもその大きさに唖然でした。

恐竜バーガー

イメージ
■御船町の恐竜博物館近くの道路に、恐竜バーガーが販売されております。

 普通のバーガーと全く変わらないのですが、パンの部分に目みたいなものがつけてあって、それがあると、まさしく、恐竜が肉や植物を加えているように見えるから不思議です。

 これを考え出した人のアイデアが素晴らしいと思ったことでした。

 このお店、中古バスを使ってあって、これもまた面白いですよね。

霧島の立体モデル

イメージ
■霧島の立体モデルです。一昨日、硫黄山という火山が噴火しました。新燃岳に続き、2つ目です。霧島がかなり活動的になってきましたね。「大造じいさんとガン」の栗野岳も近くにあります。
 そんな航空写真が新聞に掲載されておりました。そんな時、上記立体モデルが役立ちます。理科で確認させたことでした。500円くらいで、ずっと以前に、周辺の道の駅で購入したことでした。

ミニ博物館構想

イメージ
■これが本理科室の側面掲示板です。理科関連のモノを掲示してみました。全て、村上コレクションの一部です。社会科系は、我が家の押し入れにあって、理系は本校に寄付しようかと考えているところです。
 少しは、子どもたちが理系に興味を持ってくれるとうれしいです。

ダチョウの卵

イメージ
■これ、ダチョウの卵です。隣に鶏卵を置いておけばよかったのですが、軽くその10倍はありますよ。
 平戸の南部で町おこしの一環として、ダチョウの飼育が始まったらしく、その肉や卵を生産しているというわけです。平戸鮮度市場では、生が3000円、上記の殻が900円として販売してありました。
 今、鶏卵と比較して、理科室に展示しております。

「平戸うちわえびラーメン」&「焼あご入りラーメン」

イメージ
■平戸鮮度市場で、上記2つのラーメンを購入しました。なぜラーメンをわざわざ購入したか、それはパッケージに見せられたからです。
 実は、うちわえびの甲羅を持っていたわけです。長崎の旅館で食べたものを持ち帰り、乾燥させていたものです。
 それで、実物大のパッケージに魅せられて購入したというわけです。
 一方の「あご入り」の方ですが、これは別名「トビウオ」です。この魚は、平戸生月産だそうです。このパッケージの箱にひれがついているわけですよ。これは総合学習の起業家教育に生かせるなーと思ったことでした。
 ちょっとした遊び心が引きつけますよね。

 というわけで、今回はこんなモノを紹介してみました。

■なお、うちわえびの方には、若干、説明がありましたので、紹介しておきます。
・平戸市宮の浦の漁師さんたちが、下北西~西(???)の約20マイル沖合の水深110m~120mで水揚げしたとありました。
(松永水産)