投稿

2月, 2013の投稿を表示しています

扇子!

■「三枝改メ六代桂文枝襲名披露公演」を見てきました。かなり楽しめました。まずは、漫才の「ぼけと突っ込み」、教師はあえてぼけてみせる、すると子どもたちはさらに考えて突っ込んでくる、そんな中でよりよい意見や発見が構築されていくという方法論! 昨日の公演でも同じ型の繰り返しでしたが、観客は先にそれを読んでいて、笑いが増幅していくというやり方、実にお見事、これは桃太郎が教えてくれておりました。幼児は何度も聞いているのに、同じパターンの繰り返しに笑っていく、これぞ授業だと思えます。

■次に「扇子」、これが教師の道具論と重なるところがあるかと思います。扇子がある時は箸に、ある時は風をおくる物に、もう本当、いろいろと化けます。これは教師の教材論、道具論につながると思えました。

■桂三枝ならぬ桂文枝氏は、漫才と現代落語を見事に演じられました。「童謡唱歌」をネタに、「落ち」がウーンとうならせる見事なトーク、氏も常時、ネタ探しをされているとのこと、実に教材開発に通じるところがあります。

アルバイト情報誌

イメージ
キャリア教育が叫ばれて久しいわけですが、コンビニにおいてある上記のようなミニコミ誌(無料)は、キャリア教育に生かせるのではないかと考えるようになりました。いろいろな職業が紹介してあり、時給などの情報が事細かに書かれております。これらから計算すると、月々の給料もはじき出せますよね。いい勉強になると思います。

 こんな就職情報誌を利用して、将来の夢を模索させるというのもいいのではないでしょうかね。また、一方で、憲法との対比もいいかもしれません。つまり、待遇面はこれでいいのかということです。こんなのも考えていける材料になるかもしれません。

ジビエ料理

イメージ
■今、熊本では、山間部で、野生の猪や鹿が増えすぎており、彼らがだれもいなくなった耕作放棄地をねぐらにして、農作物を食い荒らしているとの、新聞報道があっておりました。ハンターも少なく、農家もどんどん減少していて、ほっとけない状況にあるということです。そこで、熊本県は、ジビエ料理フェアを開いて、鹿や猪肉の流通経路の確保を模索しているようです。

■そこで、私らも、そのジビエ料理とやらを食べに行ってみようということで、上が猪、下が鹿肉です。猪はコラーゲンたっぷり、鹿は最初は牛肉に似ているなーとは思ったのですが、飲み込む頃にはレバーの感触ににているなーと感じたことでした。いずれにせよ、おいしかったです。

ジビエとは、その土地でとれる野生の動物ということらしいです。

七草

イメージ
■春の七草というと、話題が古すぎますか! ま、せっかくですので、ここにて紹介してみました。上記が販売してある「春の七草」です。七草がゆとして食べる用に、パックにいれられておりました。生活科ではよく、こんなのを紹介したり、近所にとりに行っていたりしたことがありました。しかし、全ては揃わないし、あっても1つか2つです。

 そこで、こんなパックが重要です。それはさておき、上記に七草以外のものがあります。それは、右下のフキノトウです。一緒に写真に収めてみました。
ホ・・・ホトケノザ
ゴ・・・ゴギョウ
ハ・・・ハコベラ
ナ・・・ナズナ
ス・・・スズナ・スズシロ(カブ・大根)
セ・・・セリ

■ついでに、秋の七草も!
オ・・・オミナエシ
ス・・・ススキ
キ・・・キキョウ
ナ・・・ナデシコ
フ・・・フジバカマ
ク・・・クズ
ハ・・・ハギ

PCメガネ

イメージ
ポンパレの共同購入サイトで、ブルーライトカットPC用メガネが売りに出されていたので、3000円台の商品を1000円ほどで購入してみました。確かに、画面の色が少々変わってきます。度は入っていないので、通常と全然変化ありません。

 少しでも大事な目を守っていければと思います。このようなメガネはかなりの箇所で売り出されているようですね。

楽譜台?を利用

イメージ
■私は、教卓を利用しませんので、教科書をどこに置くか、思案しておりましたが(自分の机上に)、今年度は楽譜台を利用しております。前々から買おうと思っていたのですが、音楽専科に聞くと、高いという返事だったので思案していたのです。

■試しに、アマゾンで検索してみたら「安いの、何の!」、安いのは1000円前後で買えました。早くから買っておけばよかったと感じたことでした。これは便利ですよ。移動も楽々です。