ジビエ料理


■今、熊本では、山間部で、野生の猪や鹿が増えすぎており、彼らがだれもいなくなった耕作放棄地をねぐらにして、農作物を食い荒らしているとの、新聞報道があっておりました。ハンターも少なく、農家もどんどん減少していて、ほっとけない状況にあるということです。そこで、熊本県は、ジビエ料理フェアを開いて、鹿や猪肉の流通経路の確保を模索しているようです。

■そこで、私らも、そのジビエ料理とやらを食べに行ってみようということで、上が猪、下が鹿肉です。猪はコラーゲンたっぷり、鹿は最初は牛肉に似ているなーとは思ったのですが、飲み込む頃にはレバーの感触ににているなーと感じたことでした。いずれにせよ、おいしかったです。
 
 ジビエとは、その土地でとれる野生の動物ということらしいです

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

仮想通貨

自作の自在鉤