地層見学会(海岸)


■熊本県博物館ネットワークによる、地層見学会に参加してきました。

 場所は、宇土市の網田海岸です。あの、夕日に映える、三日月状の砂浜で有名な箇所です。

「宇土半島の地層を観察しよう」というテーマでした。

 網田海岸公園と言うところに集合して、ここから海岸におり、岩場を観察していきました。

 礫岩、砂岩、泥岩の紹介、そして、タービダイトという海底扇状地の紹介を受けました。

 そして、場所を移しては、化石発見です。

 宇土マリーナに移動して、地層の不整合見学(赤崎層と姫浦層の時間差、3500万年)、その後、海岸におり、化石発見タイムでした。

 私もウニの化石と、アンモナイトらしき化石を発見したことでした。

 楽しい半日研修会でした。

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

自作の自在鉤

新燃岳の火山灰