撒き菱

■これは何だか、わかりますか。私も初めて見たのですが、金沢の忍者寺(妙立寺)周辺の売店で購入したものです。忍者寺と言っても、忍者のそれではありません。加賀の前田氏が寺に来られた際、敵方から逃げるための、いろいろな設備が忍者と総称されただけでして、実際は忍者とは関係がないわけです。いろいろなシステムが隠されておりました。

■それはそうと、この売店に手裏剣や、写真の如く「撒き菱」が売られておりました。「菱の実」を乾燥させたものだそうで、これを忍者は追っ手の前に撒いて、逃げていたというわけです。植物ですから、軽ーいです。面白いですよね。

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

仮想通貨

支保工!