自作の自在鉤

■国語科の5年生教科書に椋鳩十氏の「大造じいさんとガン」という物語があります。そこで、「自在鉤」を手に入れようと、ヤフーオークションを覗いてみたわけですが、これが意外と高い!  そこで、自作することにしました。「自在」にはなっていないのですが、雰囲気として、写真のようなものを天井からつるしてみました。赤いバケツは炎です。青いバケツは鍋です。魚がかたどられているのは、魚は水を呼びますので、火事にならないようにとの願掛けなのだそうです。1斑ずつ、この周りに椅子をもってこらせて、囲炉裏を囲んでいるという状況を作って、朗読に励ませているところです。

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

仮想通貨

支保工!