生活対決




 
■上の写真は、消火栓です。日本とは違いますね。日本は地下に埋め込まれておりますが、ヨーロッパでは路面に突き出ております。下の写真は、市電の軌道を車が共有しているというものです。レールも高くなく、路面に埋もれております。これだと、交通渋滞も起こりにくいですよね。また、上記はガソリン車ですが、通常はパンタグラフのバスです。これもエコということになります。
 中の写真は、ゴミ収集の箱です。ちゃんと分別してあり、箱が大きいです。熊本よりいいようです。ただ置くだけでなく、頑丈な箱に入れるシステムです。

■所変われば品変わる」ということわざがありますが、行ってみないとわからないものです。ずっと以前、市電の総合学習をした時、ヨーロッパの電車をウェブで見ることがあったのですが、かっこいいなー、軌道内を多くの人が歩いているという印象があったのですが、行ってみて実際に実感したことでした。

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

自作の自在鉤

新燃岳の火山灰