塩トマト



■八代平野のトマト(八平トマト)は全国的にも有名なのですが、中でも、この塩トマトが最近、クローズアップされてきました。
 塩トマトは、全体の1%なんだそうです。どこでそれが育っているのかもわからないそうです。
 それで、糖度計で実際に測ってみました。
通常の八平トマト 4.0  ミニトマト(不知火産アイコ)8.5  塩トマト 8.0
 という結果でした。ミニトマトは置いといて、この塩トマトの甘さがよくわかるというものです。
 名前が「太陽の子 セレブ」、そして、糖度10.0を誇るのが
「太陽の子 セレブ プレミアム」です。果実なみの甘さですよね。
 これは高いので、パスしたことでした。
 なぜ、これまで見向きもされなかったのか、それは皮が固く、市場では嫌われたかららしいです。
 しかし、ここへ来て、セレブ?が買い求め始めて、高価になっていったようです。
 もともと、八代平野は干拓地でして、江戸時代の藩の財政を立て直すための「新田開発」で登場したものです。
 前の海岸線(縄文時代)は現在の国道3号線か、JRの線路沿いです。
 それでもともと塩分濃度が高い土地だったわけで、トマトが塩分を含んだ水分を吸わなく、その分、甘さが際立ったということらしいです。
 この八代の地では、教材開発が生きそうですね。地域教材として。

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

自作の自在鉤

新燃岳の火山灰