鯨大和煮

鯨の捕獲に賛成するか、しないか、これを道徳の授業、もしくは国際理解教育で討論させることがよくあります。その際、鯨のひげや耳かき(鯨の骨から作られる)、靴べら(ひげから作られる)、マーガリンなどを利用しますが、最近、この鯨の缶詰を見つけました。■購入箇所は、何と、シュガーロード上のお店でした。この缶詰、こんな表記がありますよ。

「鯨は日本の食文化 海の生物資源を大切に利用しましょう。」
「品名:ミンク鯨赤肉味付」「マル幸商事 下関市彦島西山町」
「本製品は国際捕鯨取締条約にもとづいて、(財)日本鯨類研究所が実施した捕獲調査の副産物です。捕獲海域は、南氷洋(WAO)、北西太平洋(WNP)と缶ぶた上段の左側に記載しております。」

 ね、これだけでも教材となりえていますよね!

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

自作の自在鉤

新燃岳の火山灰