ザ・グルメ








■上から順に、アワビ(磯焼き)、鯨(酢味噌かけ)、車エビ(刺身)、ふぐ刺し、河豚(松葉揚)、マテ貝(味噌汁)、伊勢エビ(スチーム)、味彩牛ロースです。これに、サワラのしゃぶしゃぶもありました。 
 当然、アワビやマテ貝などは、貝殻を持って帰ります。教材となります。伊勢エビは持っていますが、これは保存が面倒です。何しろ、くさいし、残り身をとるのが面倒くさいです。手元にいつも、カメラと袋を用意しておくといいですよ。さらには、ホテルの歯ブラシを持ち帰ることです。この歯ブラシで、貝殻を磨きます! 一石二鳥です!!

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

仮想通貨

自作の自在鉤