ワカメ


ワカメの袋です。ワカメの収穫シーンがただで見られるというのがいいと思いませんか? さらに地図があって、どこで収穫されているかもわかります。誰が収穫したかもわかります。
■これはあくまでも例でして、何がいいたいかというと、同じワカメを買うなら、教師ほど、教材として扱えるようなモノを購入していこうというものです。教室でちょっとした時、提示することができます。子どもたちにそんな視点を与えていくことが重要と思います。

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

仮想通貨

支保工!