CCUBE


■まずは、左写真下は、熊本温暖化対策センターというNPO法人からのプレゼントでした。多分、間伐材の有効利用なのでしょうが、今からこの1つを何に使おうかと思案中です。「教室にいます」とかですかね?
■今回の目玉は、上の「CCUBE」です。新聞で紹介されていたので、会場へ行ってみました。500円でガチャポンを操作し、上のような小国杉で造られた立方体が出てきます。ここに、QRコードが印刷されていて、ここへアクセスすると、小国杉が1本植林されるという仕組みです。そして、定期的に、生育状況が送られてくるというものです。13年間、責任もって育てられるということです。なぜ、13年間なのかがよくわからないのですが、この間に60cmだった杉は5mになり、CO2を約37kg九州されるのだそうです。国民1人あたりのCO2排出量は6kgなのだそうです。
小国町カーボン・オフセット協議会 http://www.carboncube.jp/

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

仮想通貨

支保工!