シイの実

■シイの実って、ご存じですか。私が小さい頃、父と裏山へシイの実を取りによく行っていました。父が教えてくれました。シイの実にかじったあとがあるだろう、それは、リスとか狸とかの小動物が食べた後だと。
 
■それを持ち帰って、フライパンで煎って食べておりました。今では山も荒れ果て、教職についてから1回しか行かずしまいでした。
 今日、初午大祭でしたが、5大稲荷の高橋稲荷に行ってきたのですが、出店でたった1つだけ、このシイの実を売っているではありませんか。珍しくて、1袋買ってみました。何と、500円! 高!!
 
■早速、食べてみました。硬いのもあったのですが、香ばしい、昔を思い出させてくれる味でした。
生活科でどうでしょうか。ドングリはあく抜きをしないと食べられませんが、このシイの実は即食べることができます。
 ドングリにもいろいろな種類があることを教えたいですね。そして、人間にもいろいろな人がいるんだよーと。

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

仮想通貨

自作の自在鉤