銅銭糖

銅銭糖です。たかがそれ、されどそれ!ということになります。これからわかることは何でしょう。つなぎ目です。つなぎ目があることに気付くと思います。つまり、この商品自体から作り方が見えてくるわけです。ここがポイントですね。 もちろん、巻紙から、工場名、電話番号等々の情報が入手でき、電話でのアクセスというのが可能となるというのはあります。が、それ以上に、作り方まで想像できるか、ということですね。こんな所に気をつけて見ていけると、物を見る目が身につくと思いますよ。

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

仮想通貨

自作の自在鉤