わらぐつ

■小5国語科では、「わらぐつの中の神様」を学習している頃ではないでしょうか。社会科ではないですが、やはりわらぐつの実物を見せてやりたいものです。そこで、紹介したのが上のわらぐつです。正真正銘のわらぐつです。飾り物では亡く、実際用です。確か、飛騨高山の朝市か何かで購入した記憶があります。これだけで、3000円以上5000円未満だったと思います。熊本では絶対はかないと思いましたが、阿蘇だったら、はけていましたね、きっと。それはともかく、こんなものを実際に見せてやりたいものです。大造じいさんの自在鉤ではありませんが、ぜひ紹介してみたいと思います。すると、実感がわくのではないでしょうかね

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

仮想通貨

自作の自在鉤