古代のコイン


エフェスの遺跡を出たところで、露天商がたくさん並んでおりました。とある店で、古代コインが置いてあるのに、気づき、「レプリカじゃ」と日本語で言っていたら、おじさんが手招きするので、奥へと行ってみると、「秘密のコレクション」を出してきました。5個で10000円と言うので、そんなにいらないから、3個で3000円と言ったら、5000円というから、私が4000円と言うと、ダメというので、「じゃ」といって帰ろうとしたら、「OK、OK」ということで、商談成立!

■ガイドさんに言わせると、「贋作ですよ!」と。そうでしょうか? 信じる者は救われる!!
 左はメドウーサ、右はカエサルシーザーです。西洋史専攻の身としてはね!!

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

自作の自在鉤

新燃岳の火山灰